文字サイズ

東海学園大学 HOME > 学部からの最新情報 >天白区区民祭りに参加しました

天白区区民祭りに参加しました

2018年10月28日健康栄養学部

天白区区民祭りに参加した2年生・3年生15名。 1日大活躍でした。

 
平成30年10月28日(日)、朝から申し分ない天候に恵まれ、平成30年度天白区区民祭りが天白公園で開催されました。健康栄養学部は、2年生7名、3年生8名の計15名と教員4名が参加しました。

ブースでの企画は、「骨密度測定」、大人向け「食べ物クイズ」、そして子供向け「野菜当てクイズ」です。
骨密度は、特に中高年の参加者の方には関心が高く、並んで順番を待って頂く光景が続きました。最新の装置で測定時間も短縮されました。また測定結果を渡すとき簡単なコメントも添えて、多くの方に興味を持っていただきました。骨密度測定には、約160名の参加がありました。
クイズには、大人向け、子供向けの2種類を用意しました。中には、お母さんと一緒に大人向けの「食べ物クイズ」にチャレンジしたり、おとな顔負けの正解率を達成したちびっ子もいて、身近な疑問を楽しく解決しました。2つのクイズには、当初の予想を大きく上回る延べ約500人もの方に参加していただきました。

大学から眺めていたり、通り過ぎる天白公園で今日は丸半日フルに活動しました。天白区で学ぶ学生にとって、地元天白公園が以前にも増して身近に感じられた一日でした。
 

参加者の方に踵をセットしていただき、 測定開始です。

骨密度測定は、大人気です。 測定まで順番を待っていただきます。

Q キウイフルーツとイチゴどっちがビタミンCが多いでしょう??  ・・・身近な食べもののクイズに答えていただきます。

子供達には、切り口を見て野菜の名前を当ててもらいます。 やってみたい・・・ ここでも少し並んでもらいました。