文字サイズ

東海学園大学 HOME > 学部からの最新情報 >健康栄養プラザ本コース講座第二回が開催されました

健康栄養プラザ本コース講座第二回が開催されました

2019年05月18日健康栄養学部

神戸先生の講義と模範調理。自分の体験談を踏まえた楽しい講義でした。

 
5月18日(土)、2019年度 健康栄養プラザ 本コース第2回が開催されました。
今回は、“貯骨のすすめ~骨粗鬆症予防~”というテーマで28名の受講者にお越しいただき、講義と調理実習を行いました。講師を務めるのは、本学の教授で管理栄養士、公認スポーツ栄養士の神戸絹代先生です。
 
はじめに、骨粗鬆症やその予防についての講義をしていただきました。
骨を丈夫にするには20歳までに骨をしっかりしたものにする必要があります。特に中学生・高校生の時にしっかりカルシウムを摂らなければいけません ←(ここ重要)。さらに骨を丈夫にするには、カルシウム以外にもたんぱく質、ビタミンD、亜鉛、ビタミンKやマグネシウムなど様々な栄養素が必要です。
 
講義終了後は、“骨を強くする料理”をテーマに、引き続き、神戸絹代先生が調理実習を行いました。今回の献立は、“①鮭しそご飯、②チーズ入りオムレツ、③ポテトのチーズ焼き、④ほうれん草とちりめんじゃこのお浸し”の4品です。中でも、チーズ入りオムレツは、1人前ずつ自分たちで作り、皆さん綺麗なオムレツを完成させていました。ボランティア学生6名も講師と一緒に参加者の方々のお手伝いをしながら、和気あいあいと調理ができました。

今回の1食で、成人女性の1日あたりカルシウム推奨量である650mgを摂ることができ、益々骨が強くなりそうな料理を美味しく頂きました。
初参加された方からは、初めてで不安だったが、とっても楽しかった!学生さん達も親身になってお手伝いしてくれた!と嬉しいお言葉を頂きました。
 

今回は、一人ずつ、オムレツを作っていただきました!

神戸先生は、一班ずつ回って、運動と栄養のお話をしてくださりました。学生もお手伝いの仕方の参考になったと思います。