文字サイズ

東海学園大学 HOME > 学部からの最新情報 >健康栄養プラザ 本コース講座 第三回「筋力アップで寝たきり知らず!」が開催されました

健康栄養プラザ 本コース講座 第三回「筋力アップで寝たきり知らず!」が開催されました

2019年06月15日健康栄養学部

「フレイル予防の運動と食事」の講義を行いました。 


6月15日(土)、2019年度 健康栄養プラザ 本コース第三回が開催されました。
今回は、“筋力アップで寝たきり知らず!”と題し32名の受講者にお越しいただき、講義と調理実習を行いました。講師を務めるのは、本学の講師で管理栄養士の高柳尚貴先生です。
 
はじめに、フレイルとその予防についての講義がありました。
フレイルには、身体的フレイル、心理・精神的フレイルや社会的フレイルがあり、中でも社会的フレイルは、要介護への移行率が高まるため、その予防としてコミュニティーサロンへ参加することが重要だそうです。健康栄養プラザは、このコミュニティーサロンに相当するので、参加者全員が、すでにフレイル予防をできていることがわかりました。さらにフレイルを予防するために、複合運動という、身体を動かしながら認知課題を同時に行う運動(つまり頭と体を一緒に働かせる)を行って頂きました。途中から悪戦苦闘されている参加者の方もいましたが、日常生活にも取り入れやすいため、引き続き行っていきたいとおっしゃていました。参加した学生ボランティアも、普段授業では聞けない内容もあり、熱心にノートをとっていました。
 
講義終了後、“フレイル予防のための簡単料理”をテーマに、引き続き、高柳尚貴先生に調理実習の説明を行って頂きました。今回の献立は“①中華粥、②棒棒鶏、③豆腐スムージー、④豆腐白玉”の4品でした。近頃、コンビニやスーパーでよく見かけるサラダチキンを用いることで、鶏肉の調理時間を短縮させることができ、また、豆腐をスムージーや白玉だんごに混ぜることで、簡単にたんぱく質を摂取することができます。皆さん、慣れた手つきであっという間に料理が完成し、美味しそうに召し上がっていました。

今回も学生ボランティアは、調理の際に1班に一人ずつ入って頂き、参加者の方々のお手伝いをしながら、和気あいあいと調理をしていただきました。「また参加したい!」というお言葉を参加者から頂き、とても充実した実習でした。
 
皆さんも、健康栄養プラザのボランティア活動に参加してみませんか?

 

調理風景。黄色いエプロンは、学生ボランティアです。大学で揃いのもを使用しています。

今回の献立は、“中華粥、棒棒鶏、豆腐スムージー、豆腐白玉”。見た目以上に満腹になり、大変好評でした。しかも調理が簡単!!