文字サイズ

東海学園大学 HOME > 学部からの最新情報 >臨地・校外実習の事前事後指導で4年生スチューデント・アシスタント(SA)が大活躍中!!

臨地・校外実習の事前事後指導で4年生スチューデント・アシスタント(SA)が大活躍中!!

2019年06月10日健康栄養学部

SAの先輩に実習ノートを見せてもらいながら指導受を受けています。


本学には学生の立場に立った教育や指導を目指して、上級生が下級生に授業支援をするスチューデント・アシスタント(以下SA)制度があります。今回は臨地・校外実習の事前事後指導(栄養総合演習Ⅰ)での4年生による3年生への支援を紹介します。

初めて臨地・校外実習に行く3年生は、今まで学んできた知識・技術が学外で通用するのか不安な気持ちを抱えています。そんな不安を和らげてくれるのが、先輩達の生の体験談です。毎週の授業中に、4年生が自主的に企画してくれた分科会が開催されています。分科会では、実習分野である「病院・福祉」、「事業所」、「学校」、「保健所」に別れて、少人数で分野に合わせた話を先輩たちから聞くことができます。少人数のため、3年生も気軽に先輩に質問することができ、不安が期待に変化しているようです。また、先輩との関わりを通し、3年生のコミュニケーション能力向上にもつながっています。

本学は、教員と気軽に話せる環境が整っていますが、このように先輩とも交流する機会が多くあります。教員と先輩が一丸となって、みなさんの学習を支援していきます。
 

昨年の様子を話しています

身近な経験を聞く機会は貴重です