文字サイズ

東海学園大学 HOME > 学部からの最新情報 >愛知教育大学附属岡崎中学校の生徒が、健康栄養学部 寺嶋研究室を訪問しました

愛知教育大学附属岡崎中学校の生徒が、健康栄養学部 寺嶋研究室を訪問しました

2019年07月22日健康栄養学部

寺嶋研究室でゼミ4年生の二人とともに。


7月22日(月)、愛知教育大学附属岡崎中学校2年生の生徒さんが、健康栄養学部 寺嶋研究室を訪問しました。岡崎中学校では、「Lifework」という総合的な学習活動を実施しており、日常生活や教科の学習から課題を見つけ、自らの体験に基づいて解決を図ったり、追求を深めていく活動を積極的に進めています。今回は、緑茶の効能や、緑茶の成分であるカテキンの種類や効果について詳しく取材したいとのことで、緑茶研究を行っている寺嶋研究室にやってきました。

寺嶋教授とゼミの4年生二人が、いろいろな質問に対応し、緑茶の効能や可能性について詳しく説明しました。マウスを使った動物実験で、緑茶が抗肥満作用や生活習慣病を予防する効果があることや、培養細胞を使った実験で、腫瘍細胞の増殖抑制効果を持つことなど、緑茶に関する研究成果を大変熱心に聞いていました。今回訪問された生徒さんは、将来は薬学研究に携わりたいとのことで、緑茶の効能に大変関心を持っており、これからが楽しみな学生です!!

東海学園大学では、研究や教育における大学の知的財産を使って、学習活動の支援や地域貢献活動を積極的に行っています。
 

丁寧なお礼状をいただきました。