文字サイズ

東海学園大学 HOME > 学部からの最新情報 >食の安全に関する意見交換会「からだに良いもの?悪いもの?カフェインについて考える」に参加しました!!

食の安全に関する意見交換会「からだに良いもの?悪いもの?カフェインについて考える」に参加しました!!

2019年08月29日健康栄養学部

まず、食品安全の基本とカフェインについて勉強

名古屋市および内閣府食品安全委員会が共催した、食の安全に関する意見交換会「からだに良いもの?悪いもの?カフェインについて考える」に健康栄養学部の学生5名が参加しました(名古屋市内及び周辺の栄養系学部をもつ7大学が参加)。

意見交換会では、まず、話題提供として食品安全委員会や名古屋市で食品衛生行政に携わっている方々から、カフェインを中心に食品の安全性に関する講演が行われました。その後、グループワークとして、各大学の学生がカフェイン中毒を予防啓発するためのポスターのデザインを考え、発表しました。ポスターの作成では、デザインやキャッチコピーなどを学生同士で相談したり食品安全委員会や名古屋市の方々から助言をいただいたりしながら、完成させることができました。

食品衛生監視員をはじめとした食品衛生行政に携わっている方々や他大学の同世代の学生と意見交換を行うことで、食品安全の考え方や行政の役割などの知識を身に付けることができました。食の安全を守ることができる管理栄養士に、また一歩近づけたようです。
 

カフェイン中毒を防ぐためのキャッチコピーを考え中

完成したポスターと作成で工夫したところなどを発表