文字サイズ

東海学園大学 HOME > 学部からの最新情報 >欧州スポーツマネジメント研修

欧州スポーツマネジメント研修

2019年10月17日スポーツ健康科学部

シントトロイデンで参加者のみなさんと記念撮影。

欧州スポーツマネジメント研修に参加しました

スポーツ健康科学部の丹下奈美さん(4年)と柴田夏美さん(4年)が欧州スポーツマネジメント研修に参加しました。
この研修は、プロスポーツ組織のマーケティングを専門とする、九州産業大学の福田拓哉准教授が企画したものです。
9月10日(火)から15日(日)までの日程で、FCトゥエンテ(オランダ)、シント=トロイデンVV(ベルギー)、ボルシア・メンヘングラートバッハ(ドイツ)の3つのサッカークラブを訪れました。
FCトゥエンテでは、サッカーのマネジメントに関する事柄だけでなく、コーチングやトレーニング方法についても伺うことができました。
シントトロイデンでは、ホームゲームの試合を観戦しました。
ボルシアMGでは、地域に根付いた「サッカー文化」を肌で感じることができました。
2人のコメントです。
「レジェンドと呼ばれる選手が引退後クラブの運営に携わっており、そのことによりクラブの雰囲気が維持されていることを知りました。」
「スタジアムに必ずバーがあり、試合観戦が娯楽の1つとして根付いていると感じました。日本の観戦スタイルとの違いを強く感じました。」
「集客のためにチケットを配布するといった場合も、年代やエリアをランダムにするなど考えられており、Jリーグの集客戦略にも活かせるのではないかと思いました。」
サッカークラブのマネジメントだけでなく、スポーツマネジメントに興味を持つ他の大学の学生や社会人のみなさんと交流できたことも大きな収穫だったようです。

 

FCトゥエンテ

FCトゥエンテで参加者のみさなんと

ピッチに降りました

研修も真剣です

シントトロイデンの試合観戦

ボルシアMG

選手気分です

ブリュッセルを観光