文字サイズ

東海学園大学 HOME > 学部からの最新情報 >金融(銀行・信金)プログラム、1期(16生)成果公開

金融(銀行・信金)プログラム、1期(16生)成果公開

2019年10月18日経営学部

経営学部では、現在の4年生(16生)からコース制を改め、特別プログラム制を実施しています。そのコンテンツの1つである金融(銀行・信金)プログラムは、2年生春学期から3年生秋学期の4学期に加え、就活支援のため4年生の6月頃まで、比較的長いスパンで活動を行うものです。活動内容は、銀行系・証券系・保険系・その他関連企業への就職サポートで、具体的には、①各金融機関・企業の内容の調査&FPシミュレーション(PCにて学修)、②銀行業務検定財務3級の対策(株式会社の財務諸表,財務分析)、③2・3級FP技能検定の対策(給与所得者の資産管理・運用)を行っています。

各学期の週2回の演習、春・夏長期休暇時の学習会、そして、3回の学習合宿とインターンシップおよび就活サポートを経て成長した1期生。彼らの成果を紹介したいと思います。
 
 銀行業務検定財務3級(17名受検:12名合格)
 3級FP技能士(18名受検:完全合格13名、一部合格4名)
 2級FP技能士(学科のみ受検)(10名受検:2名合格)
 主な内定先:碧海信用金庫、豊田信用金庫、豊橋信用金庫、豊川信用金庫、いちい信用金庫、東春信用金庫、
   浜松いわた信用金庫、JAあいち中央・JAひまわり(JAバンク)、サンヨーハウジング名古屋、他
 
FPの学習の影響から、金融機関ではなく不動産や介護ビジネスに興味を持った学生もいるようです。ともあれ、メンバーは最後までよく頑張ったと思います。また、合宿では、同じ志を持つメンバー間での交流が進んだようです。ゼミ・部活動以外で、こういった学生間のコネクションができるのは有意義でした。

現在、3年生(2期:17生)、2年生(3期:18生)が後に続いています。先輩達の実績を超えるよう、頑張ってほしいですね。