文字サイズ

東海学園大学 HOME > 学部からの最新情報 >企業と共同開発した健康弁当をマックスバリュで販売しました

企業と共同開発した健康弁当をマックスバリュで販売しました

2019年11月13日健康栄養学部

完成した「秋の野菜まんぷく弁当」の店頭陳列の様子


健康栄養学部の学生が、マックスバリュ東海株式会社、中日本フード株式会社と健康弁当「秋の野菜まんぷく弁当」を共同開発し、愛知、岐阜、三重、滋賀のマックスバリュ全96店舗で、10月19日(土)~21日(月)の3日間限定で販売しました。10月20日(日)には、マックスバリュグランド千種若宮大通店にて、学生達が試食販売イベントも行い、多くの方々に来場いただきました。3日間で合計4,465食が販売されました。

弁当を開発した4年生にとっては、4年間で学んだ知識・技術の集大成となる貴重な経験となったようです。皆さんも、自分達で考えたメニューを地域に広めてみませんか?
 

健康弁当を開発した4年生

お客様に試食提供しながら意見を伺いました