文字サイズ

東海学園大学 HOME > 新着情報 >現地を訪ねるシリーズ講座第5弾「熱田綺譚」

現地を訪ねるシリーズ講座第5弾「熱田綺譚」

2018年03月20日お知らせ

現地を訪ねるシリーズ講座第5弾「熱田綺譚」が終了。2月21日(水)・28日(水)・3月7日(水)の3回は名古屋キャンパスで講義をうけ、4回目の3月14日に熱田神宮及びその周辺を訪ねました。講師は熱田生まれ熱田育ちの安田文吉先生(人文学部特任教授)。子どもの頃、熱田神宮は遊び場(!?)のひとつだったとか。

当日は晴天なり! 汗ばむほどの陽気となりました。地下鉄名城線「神宮西」駅2番出口に集合しスタートです。
下知我麻神社→西門→勾玉苑→大楠→本宮→こころの小径→清水社→ならずの梅→南新宮社→二十五丁橋→別宮八幡宮、太郎庵椿→大国主社→正門(南門)と神宮内をくまなく回り、あっという間の2時間超え! そのあと、周辺のお寺や景清社まで足をのばしました。

熱田神宮では、安田先生と旧知の間柄、野村辰美学芸部長からも説明・ご案内をいただき、たいへん貴重な現地探訪となりました。









実がならない「ならずの梅」満開!