文字サイズ

東海学園大学 HOME > 新着情報 >名古屋土曜学習プログラム「ニュースポーツ体験学習」(名古屋市教育委員会主催)

名古屋土曜学習プログラム「ニュースポーツ体験学習」(名古屋市教育委員会主催)

2019年06月17日お知らせ

名古屋土曜学習プログラムは名古屋市教育委員会主催の土曜日の教育活動推進事業です。今年度は名古屋市内全16区、各2小学校でそれぞれ7回ずつ土曜日午前中に実施されています。 

5月18日名東区の極楽小学校で「ニュースポーツ体験学習」。講師はスポーツ健康科学部の井澤悠樹先生とそのゼミ生。
まずは、準備運動をかね、前、後、右、左の号令に合わせてジャンプしたり、ジャンケンゲームで競ったり。その後、3グループに別れ、3種目を順番に体験しました。

当たっても痛くない布製のフリスビーでドッチボールをする「ドッチビー」、ゼミ生たち考案の「ドラゴンボール」(ラグビーボールやバスケットボール、ユニホッケーなどのボールを集めることを競う)、パラリンピック正式種目の「ボッチャ」。
種目がかわるごとに給水タイム! 学生たちとの仲も深まり(!?)、2時間はあっという間、笑顔と汗があふれた楽しい時間でした。

6月15日は天白区の植田南小学校で、同様に実施しました。

極楽小学校では50名、植田南小学校では65名の小学生、井澤ゼミ生22名、16名がそれぞれ参加。参加した小学生はもちろんのこと、学生たちにとっても貴重な実践活動体験の場となりました。