文字サイズ

東海学園大学 HOME > 学部・学科 > 教員情報 > 教員一覧 > 山田 裕昭

山田 裕昭

基本情報

所属 経営学部経営学科
職名 准教授
学歴
(大学卒以降)
名城大学理工学部一部機械工学科卒業
名城大学大学院商学研究科修士課程修了
名城大学大学院商学研究科博士後期課程修了
学位 商学(名城大学)
職歴
(研究歴)
工作機械メーカーに勤務後,中小企業のコンサルティング業務に従事
名古屋工業大学 国際自動車工学教育研究センター 研究員
豊田工業高等専門学校 地域共同テクノセンター 特命教授
名古屋工業大学 次世代自動車工学教育研究センター 客員准教授
東海学園大学経営学部准教授(現在に至る)
主な授業科目 経営情報論,経営情報システム論,ビジネスデータ分析,情報ネットワーク演習,スチューデントスキル,基礎演習,総合演習
所属学会 日本生産管理学会,日本経営診断学会,日本設備管理学会,日本中小企業学会
専門分野 経営情報,生産管理
研究テーマ 作業習熟に関する研究,知識情報の活用と企業経営に関する研究

研究実績・活動

社会連携活動

愛知県商工会連合会 経営・技術強化支援事業 エキスパート 2010年4月~
日本生産管理学会 代議員 2013年4月~
社会福祉法人同善福祉会 監事 2013年6月~

教育研究業績(著書)

『生産情報システムの再構築-知識情報の共有を目指して-』(単著),ダイテックホールディング,2011

教育研究業績(論文)

山田裕昭,福田康明,小竹暢隆,堀越哲美:「労働作業の中断期間の長さが習熟特性におよぼす影響-熟練技能の習得を目指した作業習熟に関する研究(第2報)-」日本生産管理学会論文誌,Vol.18 No.1,第37号,2011
石川君雄,山田裕昭:「組織的知識創造プロセスの設備保全への適用」,日本設備管理学会誌,Vol.23 No.1,第83号,2011
福田康明,山田裕昭,小粥史也:「セル生産における習熟過程と生体負担に関する研究」,日本生産管理学会論文誌,Vol.19 No.1,第39号,2012
福田康明,新郷正浩,山田裕昭:「セル生産における工程数と作業習熟に関する研究」,日本人間工学会誌,Vol.50 No.1,2014
山田裕昭:「中小企業におけるものづくりのデジタル化と課題-大企業との比較を通して-」,標準化研究学会,Vol.15 No.1,2016

教育研究業績(その他)

山田裕昭:「中小企業における組織的価値連鎖に関する研究-食品加工業における労働生産性向上を目指した取り組みについて-」日本設備管理学会平成24年度春季研究発表大会発表,2012
福田康明,山田裕昭:「セル生産における作業習熟の評価に関する研究」,日本生産管理学会第37回全国大会発表,2013
Yamada H:”Development of Production Control in the Manufacturing Industry of Nagoya”,Journal of Standardization Studies,12(14),2014
山田裕昭:「愛知県における中小企業の連携活動による商品開発-福祉用具から介護ロボットまで-」,健康生きがい学会第7回大会発表,2016
山田裕昭,福田康明:「情報通信技術を活用した作業習熟効果に関する研究」,日本生産管理学会第45回全国大会発表,2017