文字サイズ

東海学園大学 HOME > 学部・学科 > 教員情報 > 教員一覧 > 島 典広

島 典広

基本情報

所属 スポーツ健康科学部 スポーツ健康科学科
職名 准教授
学歴
(大学卒以降)
天理大学 体育学部 体育学科 卒業
ウエスタンオンタリオ大学大学院 キネシオロジー研究科 留学
大阪体育大学大学院 体育学研究科 修士課程 修了
名古屋大学大学院 医学研究科 博士課程 修了
学位 修士(体育学) (大阪体育大学)
博士(医学) (名古屋大学)
職歴
(研究歴)
大阪体育大学大学院 スポーツ科学研究科 教務助手
鹿屋体育大学 体育学部 助手
鹿屋体育大学 体育学部 助教
鹿屋体育大学大学院 体育学部研究科 助教
東海学園大学 人間健康学部 人間健康学科 助教
同 人間健康学部 人間健康学科 准教授
同スポーツ健康科学部准教授
主な授業科目 トレーニング科学、スポーツ科学概論(オムニバス)、トレーニング実習Ⅱ(オムニバス)、健康トレーナー演習Ⅴ、基礎演習Ⅰ、専門基礎演習Ⅱ、専門演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ、スポーツ方法学実習(ウィンタースポーツ)
所属学会 日本体育学会、日本体力医学会、日本運動生理学会、日本バイオメカニクス学会、日本トレーニング科学会、日本臨床スポーツ医学会、日本野球科学研究会、日本トレーニング指導者協会、日本ストレングス&コンディショニング協会、American College of Sports Medicine、European College of Sports Science
専門分野 トレーニング科学
運動生理学
バイオメカニクス
研究テーマ 1) 筋力・筋パワー向上のためのトレーニングプログラム
2) 高齢者の筋力発揮特性の解析
ホームページ researchmap 研究者情報

研究実績・活動

社会連携活動

日本トレーニング指導者協会 調査・研究委員会 委員(平成23年12月~現在)
日本トレーニング指導学会 編集委員会 委員(平成25年6月~現在)

愛知県みよし市 保健対策推進協議会 委員 (平成25年1月~現在)
愛知県みよし市 国民健康保険運営協議会 委員 (平成27年6月~現在)
愛知県大治町 総合型地域スポーツクラブ設立準備委員会 委員長(~平成27年2月)
愛知県大治町 総合型地域スポーツクラブ運営委員会 委員(~平成27年2月)

教育研究業績(論文)

1. Shima N, Maeda A, Hirohashi K. Delayed latency of peroneal reflex to sudden inversion with ankle taping or bracing. International Journal of Sports Medicine 26: 476-480, 2005 (共著)

2. Shima N, Rice CL, Ota Y, Yabe K. The effect of postactivation potentiation on the mechanomyogram. European Journal of Applied Physiology 96: 17-23, 2006(共著)

3. Shima N, McNeil CJ, Rice CLMechanomyographic and electromyographic responses to stimulated and voluntary contractions in the dorsiflexors of young and old men.Muscle and Nerve 35: 371-378, 2006(共著)

4. Otsuka Y, Shima N, Moritani T, Okuda K,Yabe K.Orthostatic influence on heart rate and blood pressure variability in trained persons with tetraplegia. European Journal of Applied Physiology.104: 75-78, 2008(共著)

5. Ohta Y, Shima N, Yabe K. Changes in force and tendinous tissue elongation during the early phase of tetanic summation in in vivo human tibialis anterior muscle. Journal of Biomechanics 43: 998-1001, 2010(共著)

6. 島典広,安藤佳代子,新海宏成,岡本敦 屋外スポーツサーフェイスの反発特性の比較東海学園大学紀要人文学・健康科学研究編15: 183-188, 2010(共著)

7. Kawabata M, Shima N, Hamada H, Nakamura I, Nishizono H. Changes in intra-abdominal pressure and spontaneous breath volume by magnitude of lifting effort: highly trained athletes versus healthy men. European Journal of Applied Physiology 109, 279-286, 2010(共著)

8. Ohta Y, Shima N, Yabe K.The effect of summation of contraction on acceleration signals in human skeletal muscle. Journal of Electromyography and Kinesiology. 20: 1007-1013,2010(共著)

9. Otsuka Y, Shima N, Ohta Y,Yabe K. The diameter and compliance of conducting artery in trained persons with tetraplegia. International Journal of Sport and Health Science 9: 49-53, 2011(共著)

10. 小川まどか, 島 典広, 太田 洋一, 河端将司, 図子浩二. 流速の異なるクロール動作中の腹腔内圧の変化様相. Journal of Training Science for Exercise and Sport 24(1):69-75, 2012(共著)

11. Shima N. Utility of noninvasive brachial-ankle pulse wave velocity measurement in people with spinal cord injury. Conf Proc IEEE Eng Med Biol Soc 2012:5607-5609, 2012(単著)

12. 菅野昌明,島典広,黒須雅弘,古満伊里,奥本正,江橋博. 高速コンビネーション・スクワットが高齢女性の移動能力に及ぼす効果-下肢筋力水準が異なるグループを対象として-. Japanese Journal of Health Fitness and Nutrition 18(1):35-41, 2013(共著)

13. Kawabata M, Shima N, Nishizono H. Regular change in spontaneous preparative behaviour on intra-abdominal pressure and breathing during dynamic lifting. European Journal of Applied Physiology 114(11):2233-9,2014(共著)

14. Takaishi T, Ishihara K, Shima N, Hayashi T. Health promotion with stair exercise. The Japanese Journal of Physical Fitness and Sports Medicine 3(2):173-179, 2014(共著)

15. 菅野昌明, 志賀友紀, 天野雅斗, 島典広. 高齢者の高速コンビネーション・スクワット・トレーニングの効果-移動能力およびスクワット時の下肢関節角速度に及ぼす影響-. トレーニング指導 1(1):10-15,2014(共著)

教育研究業績(その他)

1. 島典広, 前田明, 西薗秀嗣.活動後増強による筋力および筋パワー向上効果. テ゛サントスホ゜ーツ科学27: 217-223, 2006(共著)

2. 島典広. 反動動作と筋の増強効果. 体育の科学 62(1) :20-23, 2012(単著)

3. 島典広. 筋音図を用いた筋機能の研究と筋の硬さ. Sportsmedicine 166:16-19, 2014(単著)

特記事項

トレーニング科学研究賞 2009年12月 (日本トレーニング科学会)