教員一覧

島 典広

基本情報

所属 スポーツ健康科学部 スポーツ健康科学科
職名 教授
学歴
(大学卒以降)
天理大学 体育学部 体育学科 卒業
ウエスタンオンタリオ大学大学院 キネシオロジー研究科 留学
大阪体育大学大学院 体育学研究科 修士課程 修了
名古屋大学大学院 医学研究科 博士課程 修了
学位 修士(体育学) (大阪体育大学)
博士(医学) (名古屋大学)
職歴
(研究歴)
大阪体育大学大学院 スポーツ科学研究科 教務助手
鹿屋体育大学大学院 体育学研究科 助手
鹿屋体育大学 体育学部 助手
鹿屋体育大学 体育学部 助教
鹿屋体育大学大学院 体育学研究科 助教
東海学園大学 人間健康学部 人間健康学科 助教
同 人間健康学部 人間健康学科 准教授
同スポーツ健康科学部 准教授
同スポーツ健康科学部 教授
臺北市立大學 運動健康科學系 客員教授(2019年2月~7月)
主な授業科目 トレーニング科学、スポーツ科学概論(オムニバス)、トレーニング実習Ⅱ(オムニバス)、トップアスリート論(2週担当)、スポーツコーチ演習Ⅳ(4週担当)、体育実技(球技B:ソフトボール)、基礎演習Ⅰ、専門基礎演習Ⅱ、専門演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ、野外活動(ウィンタースポーツ)
所属学会 日本体育学会、日本体力医学会、日本トレーニング科学会、日本臨床スポーツ医学会、日本野球科学研究会、日本トレーニング指導者協会、日本ストレングス&コンディショニング協会、American College of Sports Medicine
専門分野 トレーニング科学
運動生理学
バイオメカニクス
研究テーマ 1) 筋力・筋パワー向上のためのトレーニングプログラム
2) 高齢者の筋力発揮特性の解析
ホームページ 研究者SNS

研究実績・活動

社会連携活動

・日本トレーニング指導者協会 理事(令和2年6月~現在)
・日本トレーニング指導者協会 国際・研究委員会 委員(平成23年12月~現在)
・日本トレーニング指導学会 編集委員会 委員(平成25年6月~現在)
・日本トレーニング科学会 理事(平成31年4月~現在)
・愛知県みよし市 保健対策推進協議会 委員 (平成25年1月~現在)
・愛知県みよし市 国民健康保険運営協議会 会長職務代理 (平成27年6月~現在)

教育研究業績(著書)

・もっとなっとく使えるスポーツサイエンス(分担) 講談社(3頁),2017.

教育研究業績(論文)

【原著論文(査読あり)】
・Henderson F, Shima N et al.Quadriceps function and athletic performance in highly-trained female athletes. Journal of Sport Rehabilitation, in press, 2022.
・Naka T, Shima N, et al. Characteristics of bench press and pull power in Japanese collegiate female track-and-field sprinters. Journal of Scientific Coaching for Training, in press, 2022.
・Murayama M, Shima N et al. Changes in biceps brachii muscle hardness assessed by a push-in meter and strain elastography after eccentric versus concentric contractions. Scientific Reports, 12: 9214, 2022.
・Naka T, Shima N, et al. Characteristics of upper-limb pull power and power endurance in Japanese female wrestlers. Journal of Strength and Conditioning Research, 36(5):e82-e87, 2022.
・Murayama M, Shima N et al. Biceps brachii muscle hardness assessed by a push-in meter in comparison to ultrasound strain elastography. Scientific Reports, 10: 20308, 2020.
・寺田 梨奈, 島 典広, ほか. 椅子立ち上がりのパワー指標と移動能力との関係. トレーニング指導 3(1):12-17 2020.
・Murayama M, Shima N, et al. Optimum displacement of muscle in relation to thickness for biceps brachii hardness measurement using a push-in meter. Biomedical Physics & Engineering Express, 5: 017001, 2018.
・Shimokochi Y, Shima N, et al. Effects of wearing a compression garment during night sleep on recovery from high-Intensity eccentric-concentric quadriceps muscle fatigue. Journal of Strength and Conditioning Research, 31(10):2816-2824, 2017.
・Ohta Y, Shima N, et al. Muscle activation characteristics of the front leg during baseball swings with timing correction for sudden velocity decrease. PLoS One, 10(4):e012411, 2015.
・Kawabata M, Shima N, et al. Regular change in spontaneous preparative behaviour on intra-abdominal pressure and breathing during dynamic lifting. European Journal of Applied Physiology 114(11):2233-9,2014
・Takaishi T, Shima N, et al. Health promotion with stair exercise. The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine, 3(2):173-179,2014.
・菅野昌明,島 典広, ほか. 高齢者の高速コンビネーション・スクワット・トレーニングの効果-移動能力およびスクワット中の下肢関節角速度に及ぼす影響-. トレーニング指導, 1(1):10-15,2014.
・菅野昌明,島 典広, ほか. 高速コンビネーション・スクワットが高齢女性の移動能力に及ぼす効果-下肢筋力水準が異なるグループを対象として-. Japanese Journal of Health Fitness and Nutrition, 18(1):35-41,2013.
・Shima N. Utility of noninvasive brachial-ankle pulse wave velocity measurement in people with spinal cord injury. Conf Proc IEEE Eng Med Biol Soc 2012:5607-5609, 2012.
・高石鉄雄, 島典広, ほか. 電動アシスト自転車による市街地走行時と日常生活動作時の大腿部筋活動水準. 日本生理人類学会誌17(2):83-93, 2012.
・高石鉄雄, 島典広, ほか. 電動アシスト機能付き自転車による模擬的日常生活走行中の身体活動強度. 日本生理人類学会誌17(2):78-81, 2012.
・小川まどか, 島典広, ほか. 流速の異なるクロール動作中の腹腔内圧の変化様相. Journal of Training Science for Exercise and Sport 24(1):69-75, 2012.
・Otsuka Y, Shima N, et al. The diameter and compliance of conducting artery in trained persons with tetraplegia. International Journal of Sport and Health Science 9: 49-53, 2011.
・菅野昌明, 島典広, ほか. 高齢女性の自体重負荷を中心とした高速レジスタンス運動の身体運動能力におよぼす効果. Japanese Journal of Health Fitness and Nutrition, 15(2):14-22, 2010.
・Ohta Y, Shima N, et al. The effect of summation of contraction on acceleration signals in human skeletal muscle. Journal of Electromyography and Kinesiology. 20: 1007-1013,2010.
・Kawabata M, Shima N, et al. Changes in intra-abdominal pressure and spontaneous breath volume by magnitude of lifting effort: highly trained athletes versus healthy men. European Journal of Applied Physiology 109, 279-286, 2010.
・Ohta Y, Shima N, et al. Changes in force and tendinous tissue elongation during the early phase of tetanic summation in in vivo human tibialis anterior muscle. Journal of Biomechanics 43: 998-1001, 2010.
・Ohta Y, Shima N, et al. In vivo behaviour of human muscle architecture and mechanomyographic response using the interpolated twitch technique. Journal of Electromyography and Kinesiology, 19(3):e154-e161, 2009.
・Otsuka Y, Shima N, et al. Orthostatic influence on heart rate and blood pressure variability in trained persons with tetraplegia. European Journal of Applied Physiology.104: 75-78, 2008.
・河端将司, 島典広, ほか. ドロップジャンプ動作中における体幹の筋活動および腹腔内圧の変化. 体力科学, 57(2):225-234, 2008.
・Cao ZB, Shima N, et al. Effect of exercise and nutritional intervention to improve physical factors associated with fracture risk in middle-aged and older women. International Journal of Sport and Health Science, 5:147-156, 2007.
・Cao ZB, Shima N, et al. Effect of exercise and nutritional intervention to improve physical factors associated with fracture risk in middle-aged and older women. Journal of Physiological Anthropology, 26(3):325-332, 2007.
・Ohta Y, Shima N, et al. Superimposed mechanomyographic response at different contraction intensity in medial gastrocnemius and soleus muscles. International Journal of Sport and Health Science, 5:63-70, 2007.
・Shima N, McNeil CJ, Rice CL. Mechanomyographic and electromyographic responses to stimulated and voluntary contractions in the dorsiflexors of young and old men.Muscle and Nerve 35: 371-378, 2006
・Shima N, Rice CL, Ota Y, Yabe K. The effect of postactivation potentiation on the mechanomyogram. European Journal of Applied Physiology 96: 17-23, 2006.
・Shima N, Maeda A, Hirohashi K. Delayed latency of peroneal reflex to sudden inversion with ankle taping or bracing. International Journal of Sports Medicine 26: 476-480, 2005.
・Miyamura M, Shima N, et al. Ventilatory and heart rate responses at the onset of chair rotation in man. Japanese Journal of Physiology, 54(5):499-503, 2004.
・Maeda A, Shima N, et al. Lower extremity function in terms of shock absorption when landing with unsynchronized feet. Journal of Physiological Anthropology and Applied Human Science, 22(6):279-283, 2003.
・Tsuruike M, Shima N, et al. Age comparison of H-reflex modulation with the Jendrassik maneuver and postural complexity. Clinical Neurophysiology, 114(5):945-953, 2003.
・Miyamura M, Shima N, et al. Cardiorespiratory responses to hypoxia and hypercapnia at rest in vocalists. Japanese Journal of Physiology, 53(1):17-24, 2003.
・Katayama K, Shima N, et al. Enhanced chemosensitivity after intermittent hypoxic exposure does not affect exercise ventilation at sea level. European Journal of Applied Physiology 87(2):187-191, 2002.
・Takaishi T, Shima N, et al. Changes in blood volume and oxygenation level in a working muscle during a crank cycle. 34(3):520-528, 2002.
・島典広,廣橋賢次,矢部京之助.足関節テーピングとブレースの装着が運動能力に及ぼす影響. 関西臨床スポーツ医・科学研究会誌, 11:5-6, 2002.
・Shima N, Ishida K, Katayama K, Morotome Y, Sato Y, Miyamura M. Cross education of muscular strength during unilateral resistance training and detraining. European Journal of Applied Physiology, 86(4):287-294, 2002.
・Miyamura M, Shima N, et al. Ventilatory and circulatory responses at the onset of rapid changes in posture. Advances in Experimental Medicine and Biology, 499:357-362, 2001.
・Katayama K, Shima N, et al. Effect of intermittent hypoxia on cardiovascular adaptations and response to progressive hypoxia in humans. High Altitude Medicine and Biology, 2(4):501-508, 2001.
・Katayama K, Shima N, et al. Intermittent hypoxia increases ventilation and SaO2 during hypoxic exercise, and hypoxic chemosensitivity. Journal of Applied Physiology 90(4):1431-1440, 2001.
・Katayama K, Shima N, et al. Cardiovascular response to hypoxia after endurance training at altitude and sea level and after detraining. Journal of Applied Physiology 88(4):1221-1227, 2000.
・Lazowski DA, Shima N, et al.A randomized outcome evaluation of group exercise programs in long term care institutions. The Journal of Gerontology: Biological Sciences and Medical Sciences 54A(12):M621-M628, 1999.
・Katayama K, Shima N, et al. Ventilatory chemosensitive adaptations to intermittent hypoxic exposure with endurance training and detraining. Journal of Applied Physiology 86(6):1805-1811, 1999.

【原著論文(査読なし)】
・河端将司, 島典広, ほか. 健常成人の様々な呼吸法における腹部筋活動と腹腔内圧の強度と特性に関する検討. 難病と在宅ケア, 22(2):17-21, 2016.
・久保田武美, 島典広, ほか. 呼吸と静脈還流. 医道の日本72(11), 145-153, 2013.
・久保田武美, 島典広, ほか. 各種呼吸運動様式別にみた換気量. 医道の日本72(10), 134-139, 2013.
・久保田武美, 島典広, ほか. 横隔膜、肋間筋、腹横筋、骨盤底筋群について. 医道の日本72(9), 136-142, 2013.
・久保田武美, 島典広, ほか. 腹式呼吸、胸式呼吸、逆腹式呼吸をはじめとした呼吸運動様式の比較. 医道の日本72(8), 141-146, 2013.
・久保田武美, 島典広, ほか. 呼吸運動様式別に測定した腹圧. 医道の日本72(7),144-153, 2013.
・前川亮子, 島典広, ほか. 登山中に脚筋にかかる負担度に関する筋電図学的研究-上りと下り,傾斜,ザック重量との関連から-. Walking Research, 11:239-246, 2007.
・前川亮子, 島典広, ほか. 各種生理応答および歩行様式から見た登山とウォーキングの対応性に関する研究. Walking Research, 9:187-194, 2004.
・宮村実晴, 島典広, ほか. 高齢者の体力向上に関する調査研究-富山県庄川町における調査(第3報)-. 体育科学, 29:133-152, 1999.
・宮村実晴, 島典広, ほか. 高齢者の体力向上に関する調査研究-富山県庄川町における調査(第2報)-. 体育科学, 28:116-129, 1999.

教育研究業績(その他)

【招待講演(主なもの)】
(国際シンポジウム)
・Relationship of muscle fatigue and muscle activity on functional performance tasks in older adults. 7th World Congress on Aging and Physical Activity, 2008.
(キーノートレクチャー)
・ 筋力・筋パワー向上のためのトレーニングプログラム. 第11回日本スポーツ歯科医学会認定研修会, 2011.
・神経筋機能からみたトレーニング効果の評価法. 第18回日本バイオメカニクス学会大会, 2004.

【国内外における一般招待講演】
・多数

【その他(紀要など一部抽出)】
・Shima N. The effect of step characteristics to sprint running performance Journal of Strength and Conditioning Research, 31(1):e56, 2017.
・島典広. 筋音図を用いた筋機能の研究と筋の硬さ. Sportsmedicine 166:16-19, 2014.
・島典広. 反動動作と筋の増強効果. 体育の科学, 62(1):20-23, 2012.
・島典広,安藤佳代子,新海宏成,岡本敦. 屋外スポーツサーフェイスの反発特性の比較. 東海学園大学紀要人文学・健康科学研究編, 15: 183-188, 2010.
・島典広, 前田明, 西薗秀嗣. 活動後増強による筋力および筋パワー向上効果 デサントスポーツ科学, 27:217-223, 2006.
・島典広,上勝也. 関西学生選抜アメリカンフットボール選手の形態と運動動作能力の特性. 大阪体育大学紀要, 28:51-60, 1997.

【その他(国外・国内における学会発表)】
・多数

【外部資金獲得状況】
2005-2006 日本学術振興会 科学研究費補助金 若手研究(B) 代表
2005    石本記念デサントスポーツ科学振興財団 研究助成金 代表
2007-2008 日本学術振興会 科学研究費補助金 若手研究(B) 代表
2016- 2019 日本学術振興会 科学研究費補助金 基盤(C)代表
2020- (2023) 日本学術振興会 科学研究費補助金 基盤(C)代表
2021- (2024) 日本学術振興会 科学研究費補助金 基盤(C)分担

特記事項

【資格および免許】
2021-現在 日本トレーニング指導者協会 トレーニング指導者
2009-現在 健康・体力づくり事業財団 健康運動指導士
2003-現在 National Strength and Conditioning Association(NSCA)
           Certified Strength and Conditioning Specialist (CSCS)
1995-  高等学校教諭専修免許(保健体育)

【審査員等(HPにて公開済のものを抜粋)】
2018 日本学術振興会 科学研究費補助金 若手研究 審査委員
2019 日本学術振興会 科学研究費補助金 若手研究 審査委員

【査読(学術雑誌)】
European Journal of Applied Physiology
Journal of Aging and Physical Activity
Journal of Electromyography and Kinesiology
Journal of Sports Science
Acta Physiologica Scandinavica
Frontiers in Physiology
その他多数

外部リンク

researchmap 研究者情報